「いわの水産」は地元淡路の仲買人です。

iwano(1)

「いわの水産」の地元、淡路島の由良港は全国的にも定評のある漁場に恵まれ、四季を通じて様々な魚介類が水揚げされます。
魚の美味しさは鮮度だけでなく、最良の状態のものをお届けすることがとても重要になります。最上の食材をお届けする「いわの水産」だからこそ、食材にこだわり味を追求するお店で重宝されているのです。

魚の匠としての真心を込めて。

image2

地理的な条件や魚の鮮度などは、美味しく食べるための重要な条件ですが、それだけではまだ足りません。
長年つちかってきた知識や技術で魚の状態を最大限に引き出してお客様のもとへお届けすることも大きな条件のひとつです。

魚の匠としてできる限りのことを真心込めて。

「いわの水産はいい仕事をする」
そう言っていただけるよう、日々精進しています。

魚をきれいにする漁師

iwano(2)

わたしたちの仕事は「腕のたしかな漁師」から魚を買い受けて、「業者さんやお客様」のもとへお届けすることです。
そして、腕のたしかな漁師さんの中でも特に信用をおける方がいます。とにかく魚の扱いに長けている、魚への細かな配慮を忘れない・・・そんな人をわたしたちは尊敬の念をこめて「魚をきれいにする漁師」と呼んでいます。
魚がきれいな状態であることを読み取るのにも目利きが必要です。わたしたちは「魚をきれいにする漁師」の心意気をくみ取れる仲買人であることをいつも心掛け、より良い魚を皆様へお届けできるよう精進しています。

淡路島 由良港について

魚 557

いわの水産の地元、由良(ゆら)は淡路島の右に出っ張った部分、紀伊水道の一番狭いところに位置しています。近海は潮流が早く、気候も温暖なことから質の良い魚介が豊富に獲れます。もともと淡路島は「御食国(みけつくに)」と呼ばれるほど、食材に恵まれた地域性ですが、その中でも由良港は良質な魚介が水揚げされるところとして定評があります。
また、由良の前には「淡路橋立(あわじはしだて)」とも言われる成ヶ島が長く横たわっています。その眺めは、由良から少し南にある生石(おいし)公園という小高い場所から見るのが風光明媚として知られています。
また成ヶ島は美しいだけでなく、地元民にとっては防波などの役目も果たしてくれるかけがえのない存在です。由良は昔から天然の要塞として、関西有数の港だったことが知られています。

由良漁港の一角に直販コーナーを設けました。

市場内の競り場近くに直販コーナーを設けていますので、市場で直接ご覧いただきそのまま鮮度を保ってクール便で送ることができます。もちろん、下処理などご要望に応じて対応いたしますのでご安心ください。

※火曜・土曜はお休みです。
※詳しくはお電話でお尋ねください。

会社概要

会社名 いわの水産
所在地 〒656-2543
兵庫県洲本市由良町由良453
電話番号 0799-27-2668
FAX番号 0799-27-2665

大きな地図で見る